1932、 1、1 広島市内に生まれる。
1950、5、 松涛館流入門空手修行。後、沖縄の人、祝嶺正献師範に師事。
1953、 陸上自衛隊立川駐屯地に空手道部を創設、他にも5教場を開設指導。
1959、 東京都練馬区に玄制館大泉道場を開設指導。
1962、 祝嶺宗師の日本躰道創始により、玄制流武徳会を創立し玄制流の普及を志す。
1965、 埼玉県朝霞市に総本部道場を開設し、指導研究に専念する。


資 格
全空連公認8段、2級資格審査員
全空連公認全国審判員(形、組手)
全空連公認全国指導員
全空連A級組手審判員資格審査員
財団法人日本体育協会B級コーチ

審 判 歴
国民体育大会空手道競技   10回出場
全日本選手権大会      10回出場
世界選手権大会      1975年、第3回(アメリカ)
             1977年、第4回(日本)
国際武道フェスティバル  1966年、(デンマーク)
             空手道競技審判長

公職歴
【練馬区空手道連盟】
(1969年4月より1974年3月まで3期7年) 初 代 理 事 長
(1974年4月より1978年3月まで2期4年) 副 会 長
(1978年4月より現在        ) 会 長
【社団法人東京都空手道連盟】
(1969年4月より1970年3月まで1年  ) 理事、ニュース委員長
(1970年4月より1972年3月まで1期2年) 理事、事務局次長
                      広 報 部 長
(1972年4月より1974年3月まで1期2年) 常任理事、事務局長
(1974年4月より1978年3月まで2期4年) 第3代理事長
(1978年4月より1990年3月まで6期12年)副 会 長
(1990年4月より1995年3月まで4期5年) 常 任 相 談 役
(1995年4月より現在 ) 常 任 顧 問
【財団法人全日本空手道連盟】
(1972年5月より1981年3月まで5期9年)事務局次長兼技術部長
(1972年4月より1982年3月まで5期10年)中央技術委員会委員
(1977年より現在 ) 2級資格審査委員
(1990年4月より1991年3月まで1期2年) 関東地区協議会議長
その他 (1972年)第1回日本武道祭空手道代表委員、空手道演武、解説
(1976年)第1回NHKスポーツ教室「空手道」の技術解説を担当
(1977年)第2回NHKスポーツ教室「空手道」の技術解説を担当
(1978年)第5回全日本少年武道(空手道)練成大会実行委員長





1938、1、24 山梨県山梨市に生まれる。
1956、11 陸上自衛隊立川駐屯地空手部に入部。
祝嶺制献師範(指導員・土佐邦彦)に師事。
1959、4 東京都練馬区・玄制館大泉道場専任指導員。
1960、6 陸上自衛隊朝霞駐屯地空手部を創設指導。
1962 祝嶺制献師範の日本躰道創始により玄制流武徳会に所属。
1967、5 武蔵村山市緑ヶ丘に玄制流武徳会支部道場を開設指導。


資 格
1979、11、18
全空連公認7段・2級資格審査員
全空連公認全国審判員(形、組手)
財団法人日本体育協会A級スポーツ指導員
財団法人日本体育協会B級コーチ

公職歴
1979、4、9
埼玉県空手道連盟・常任理事、事務局長
埼玉県空手道連盟・常任理事、副理事長兼事務局長
埼玉県空手道連盟・技術本部長
朝霞市空手道連盟・副会長
全自衛隊空手道連盟・朝霞駐屯地空手部・顧問

戻る